過払い金請求で払いすぎた金利を取り戻す方法

2010年に施行された貸金業法により、俗にいうグレーゾーン金利は違法ということになりました。
具体的には20パーセントを越えて29.2パーセントまでの金利のことを言いますが、以前は当たり前のように20パーセントを越える金利を消費者金融は取っていました。

実は、この払いすぎた金利に関しては、しっかりとした手続きを踏めば取り戻すことができるようになっています。

これが、過払い金の返還手続きと呼ばれるもので、個人でも行うことが可能です。
ほとんどの場合、お金の計算が複雑で難しいため、司法書士や弁護士に依頼をすることが多くなっています。

実際に2009年ごろまで消費者金融を利用していた人は過払い金が発生している可能性が高いです。
ただし、これには時効があり、完済した日から10年を過ぎてしまうと、返還手続きができなくなってしまいますので注意しましょう。

なお、現在借金のある人が過払い金返還請求を行う場合、任意整理の扱いになることがあります。
消費者金融の借金は減らすことができますが、ブラックリスト入りしてしまうことがあるので注意が必要です。

そして、返還が難しい場合、裁判による取り返しが必要となりますが、この場合は司法書士では対応できません。
司法書士は、裁判のフォローができても、実際に弁護をすることはできないのです。

この倍は弁護士に相談をして、返還手続きを行う必要があります。
このように、形はどうであれ、消費者金融に払いすぎた金利は取り戻すことができます。
しっかりと手続きを踏んで、過払い金返還請求を行うようにしましょう。

参考:過払い金請求の計算と無料相談