カテゴリー: コラム

過払い金請求で払いすぎた金利を取り戻す方法

2010年に施行された貸金業法により、俗にいうグレーゾーン金利は違法ということになりました。
具体的には20パーセントを越えて29.2パーセントまでの金利のことを言いますが、以前は当たり前のように20パーセントを越える金利を消費者金融は取っていました。

実は、この払いすぎた金利に関しては、しっかりとした手続きを踏めば取り戻すことができるようになっています。

これが、過払い金の返還手続きと呼ばれるもので、個人でも行うことが可能です。
ほとんどの場合、お金の計算が複雑で難しいため、司法書士や弁護士に依頼をすることが多くなっています。

実際に2009年ごろまで消費者金融を利用していた人は過払い金が発生している可能性が高いです。
ただし、これには時効があり、完済した日から10年を過ぎてしまうと、返還手続きができなくなってしまいますので注意しましょう。

なお、現在借金のある人が過払い金返還請求を行う場合、任意整理の扱いになることがあります。
消費者金融の借金は減らすことができますが、ブラックリスト入りしてしまうことがあるので注意が必要です。

そして、返還が難しい場合、裁判による取り返しが必要となりますが、この場合は司法書士では対応できません。
司法書士は、裁判のフォローができても、実際に弁護をすることはできないのです。

この倍は弁護士に相談をして、返還手続きを行う必要があります。
このように、形はどうであれ、消費者金融に払いすぎた金利は取り戻すことができます。
しっかりと手続きを踏んで、過払い金返還請求を行うようにしましょう。

参考:過払い金請求の計算と無料相談

軽自動車の人気とレンタカー業界の活況

日本人の車に対する志向は、20年前と今とでは随分様変わりしています。
昔は車体が大きく、かっこよく、そして豪華な雰囲気の車が日本人には好まれました。
しかし現在では若者は軽自動車にファッション性を見出して乗り回すなど、以前とは180度違った「自動車に対する価値観」を持つ様になってきています。

参考:軽自動車人気ランキングと中古車買取で安く買う方法

これは20年前であれば考えられなかった現象です。
20年前は、特に若者は軽自動車を購入して乗る、という選択肢が無かった人の方が多かったです。
この「車に対する価値観」の変遷には日本経済の状況が大きく関係しています。

日本経済が不況を脱せない状態が長く続いており、その経済の落ち込みが人々に「1億総小物志向」とでも言うべき現象を引き起させているのです。
そもそも車を自家用車として所有する人が20年前よりも格段に減少しています。

理由は駐車場代や保険料などの車の維持費を支払っていけない、などによる経済面での理由からです。
車を取り巻く人々の状況は経済の好況、不況に大きく影響を受けます。

そのような現在の状況を受けて、「レンタカー業界」は活況の様相を呈しています。
レンタカーの形態も以前と違い、駐車場の様な店舗に主に置かれた車に事前に契約した契約者が、いつでもその車を乗り回す事が出来るといった新しい形態のレンタカーサービスも生まれました。

セレナとファミリー世帯と買取相場

ミニバンの中でもどこのメーカーにしようか迷いました。
実際に試乗してみて日産のセレナが機能性が高いという事に気が付いたので購入する事にしました。
まずドアが開けやすいです。

ドアの開け閉めというのは乗り降りの際に頻繁に行う作業なので、そのドアが重くて開けにくいとなると乗り降りその都度大変なエネルギーを要する事になってしまいます。

セレナはワンタッチオートスライドドアなのでボタンを押すだけで楽々開け閉めできるから、子供でも簡単に乗り降り出来ます。
キーのリモコンや運転席でも操作が出来るので、子供がもしまだ小さい場合にはキーや運転席から開けてあげる事も可能です。

他にもエマージェンシーブレーキといって進行中に前方に障害物があった場合には、自動で止まるといった安全装置が搭載されているので安心です。

自動で止まる前にディスプレイとブザーでも事前に危険を知らせてくれます。
これだけでもかなりの車の事故を防ぐ事が出来るから安心です。

特に高速道路といった長時間の運転時に、ついつい眠くなった時でも安心です。
子供を乗せての高速道路を運転する機会が多いという事を踏まえてセレナを選びました。

この判断は間違ってなかったと思っています。
セレナはファミリー世代にはとても使い心地の良いミニバンだと思いました。

参考サイト:セレナ買取で相場より高く売るコツ

オデッセイのフルモデルチェンジと買取相場

初代から現在の5代目までフルモデルチェンジを繰り返したこのミニバンは、他社のライバル車から一つ抜けた外観の美しさが際立ちます。
ホンダのオデッセイと言えば、まず一番にエクステリアに目がいきやすいです。

インテリアに関しては、高級感がありながらもスポーティーなものを求めがちです。
ですが、シンプルでありながらも、「オデッセイ」らしさが垣間見える仕様になっています。

今回の5代目には運転する上で一番大切である「安全面」に力を入れているのが良く分かります。
まず「低速域衝突軽減ブレーキ」ですが、これは約30km以下で走行している時に前方に車が走っていた場合、自動ブレーキがかかるシステムを備えています。

また、前方に障害物がある状況でアクセルを踏み込んだ場合、急な発進を抑制する機能を兼ね備えています。
オートマチック車が主流の現代では、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐためには、素晴らしいシステムを搭載していると言えます。

他にも衝突の危険性を察知した場合、警報をならしたり、自動でブレーキをかける「衝突ブレーキ」等のオプションもあります。
同じ5代目であっても、グレードによっては搭載していないものもありますので、そこは購入時にしっかり確認しておきたいところです。

この様な安全装置が多くの車に搭載されていれば、「なぜ起きる?」と思うような簡単なミスからの事故も未然に防ぐ事が出来るでしょう。

ホンダのミニバンと言えばオデッセイ。
エクステリアは当たり前ながら時代に合わせた装備を備えている所が、非常に魅力な車種です。

ただモデルチェンジ後の最新車種では、テイストがかなり変更された為、旧モデルのオデッセイの買取価格は、低めに推移していく事が予想されます。

参考:オデッセイ買取相場

ヴィッツの年代と買取相場

トヨタのヴィッツは幅広い年代が楽しむことができるコンパクトカーの代表とも言える車です。
排気量は1300cc前後が主流ですが、二人での外出であれば問題ないレベルのパワーを備えており、しっかりとアクセルを踏み込めば十分な加速を得られます。

また高速での走行でも余裕を持ってスピードを維持することが出来ます。
さらにパワーステアリングと幅広なタイヤ間のおかげで、誰にでも運転しやすい小回りの良い足回りをしています。

また内装についても運転席周りはかなり広めで、高身長の方でも窮屈にならずに運転できるだけの空間があり、後部座席を倒すことで、十分な積載空間を確保できるようになっています。
実際の燃費については、都市での一般的な走行ですとリッター14~15㎞となり、良好なレベルだと思います。

またヴィッツはエコナビ機能を搭載しており、燃費の良いアクセルの踏み方をしている場合にはエコナビランプが点灯するようになっています。
そして日頃どれくらい燃費の良い運転をしているかを5段階評価で確認できるようになっているため、常に燃費とエコを意識した運転を意識できるような作りになっています。

このようにヴィッツは一般的な要求のすべてをこなすことができる自動車です。
性別、年代を問わずに乗り回すことができ、家族の共用車として十分な機能を有していると言えます。

参考:ヴィッツ買取相場

中古車買取価格もまずますで、「ヴィッツ 買取」で検索すると、色々な情報が出てきますよ。